今シーズンの山場2019

2019/08/30 ブログ
ロゴ

Jリーグは後半戦に突入し、上位争いも苛烈になってきました。我がセレッソ大阪は中位ながら、これからの対戦次第では十分に上位を狙える位置にいます。ただし強敵との連戦になります。川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、ここを何とか勝ち越して(できれば無敗で)しまえば上位に食い込み、更に勢いに乗って後半戦を戦えるでしょう。う~ん・・・しかし難敵ばかり続くなぁ。

もちろんどんな相手でも全力で挑み勝利を掴みたいとは思います。しかし、上記のチームとの戦いにおいて、ここだけは絶対に負けられない試合が1つあります。もちろんガンバ大阪戦、大阪ダービーです。

セレッソ大阪は、ガンバ大阪よりシーズン通して調子が良くても、なぜか大阪ダービーで敗戦し、ガンバ大阪の息を吹き返させてしまいます。前半戦、吹田でのダービーでも負けました。しかし、今度こそは勝ちたい、勝ってもらいたいです。ガンバ大阪は今は決して調子がいいとは言えません。司令塔遠藤選手の代わりがいなく、新旧の入れ替えがうまくいってないような状態。加えて、欧州組の買い戻しで、試合勘のない選手の起用と、チーム戦術が浸透していない様子です。

一方の我らがセレッソ大阪は、8番を背負う柿谷選手をスタメンから外しながらも、堅い守備からのリズムで、敵陣を崩し(あるいは強引にでも)ゴールを奪う戦術が浸透してきました。戦い方には選手たちは自信をもって挑んでいると思います。ただ、ダービーなんです。ダービーのモチベーションというか、意地でもこのゲームだけはという気概のような圧力は、正直言って何故かガンバの選手たちの方がいつも上回ってるような気がしてるのです。平常心や練習通りにゲームを進めることも大事ですが、意地でも、ガムシャラにでも相手を上回りたいという気概がダービーの結果を左右します。今度こそは、何とか、いや、意地でもその気概を見せてもらいたいものです。僕(桜八番のオーナー)もゴール裏最前列から声が枯れるまで、選手たちの背中を後押しします。

あ、そういうわけで、ダービーの日、お店はお昼の営業はお休みさせていただきます。夜は通常営業いたします。

さて、ダービーはともかく、桜八番では、セレッソサポーターのみならず、アウェイサポーターも大歓迎いたします。試合前または試合の後、桜八番で大阪名物のお好み焼きを片手にサポーター交流を全力でサポートいたします。どなた様も、お気軽にお越しください。